ホテル業界就職を目指すあなたを応援します。ホテル求人情報、自己PR、志望動機の書き方など面接ノウハウもたくさん!

ホテル業界の求人就職採用【内定の法則】 > 宴会部門(8) > 宴会サービス係

宴会部門(8)

宴会サービス係



正社員への転職サイト オススメ Best 3
01.png リクルートエージェント
(オススメ度 ★★★★★)
02.png  JAC Recruitment
(オススメ度 ★★★★)
03.png  アイデムスマートエージェント
(オススメ度 ★★★)


一般宴会、ブライダル宴会のサービスを担当する。宴会サービスに入るスタッフは
配膳派遣やアルバイト、コンパニオンなど臨時雇用者中心です。
ホテルの正社員が責任者としての立場に立ち、キャプテン業務を担当する。


レストランでのウェイターやウェイトレスの仕事を宴会場に移してのサービスになります。
基本的なサービスマインドはレストランと全く変わりません。

しかし、宴会場でのサービスはその規模が違います。
それゆえ、チームワークがとても大切になってきます。

宴会の会場雰囲気、催し、メンバーなどが1度として同じものはありません。
このへんはレストランとは大きく違います。

1人、1人がチームワークを意識して、
スムーズにスマートに提供するのが宴会サービスのプロです。

料理のサービス時も、「隣のテーブルにはもうお肉がでているのに、
なんで私たちはまだ魚なの?」なんてこともよくある。

お客様には料理のタイミングも含めて、同等のサービスを提供しないといけません。
そのためには、段取りとチームワークがどうしても重要になってくるのです。

そして、その陣頭指揮をとるのが社員であるキャプテンやヘッドウェイターです。
料理のサービス以外にも、お客様への会場、トイレなどの誘導導線をスムーズに、
お客様がストレスを感じることなく流すのも大切な仕事です。

イス、テーブル、シルバーなどのセッティングなどの力仕事もあります。
数ヶ月、数年前から準備してきた宴会の総決算が、宴会サービスの質で決まる。
といってもいいかもしれませんね。