ホテル業界就職を目指すあなたを応援します。ホテル求人情報、自己PR、志望動機の書き方など面接ノウハウもたくさん!

ホテル業界の求人就職採用【内定の法則】 > 宿泊部門(8) > 宿泊予約係

宿泊部門(8)

宿泊予約係



正社員への転職サイト オススメ Best 3
01.png リクルートエージェント
(オススメ度 ★★★★★)
02.png  JAC Recruitment
(オススメ度 ★★★★)
03.png  アイデムスマートエージェント
(オススメ度 ★★★)


お客様からの宿泊予約の受付を担当するセクション。最近では単なる
予約受付業務以外にも、客室販売効率を高めるための仕事も含まれています。


お客様と最初にコミュニケーションをもつ宿泊予約。
ホテルビジネスの基本はやはり「宿泊」。
客室の販売や予約業務をしっかりと引き受けるこの仕事は、
ホテルの大黒柱を支えている実感がわく。

ここには、毎日たくさんの電話やFAX、Eメールが届く。
相手先はさまざまです。

インターネット販売などの個人のお客様。
団体の打ち合わせの旅行代理店のセールスマン。
宴会利用団体の幹事さん。

季節によって客室料金が違い、空室状況も違う中で、
しっかりと確認し、施設の内容を説明し、予約に間違いがないかを確認します。

宿泊予約の一番の見せ所は、予約のコントロールです。

客室数には限りがありますので、闇雲に予約をいれてはいけません。
できるだけ適正価格で、たくさんの客室を販売するために調整していきます。

宿泊予約されてからも当日までにキャンセルも必ずいくつかは発生します。
それを見込んで予約を取っていかなければ、
ふたを開けたら空室ばかりということにもなってしまいます。

かといって保有客室数よりも多くの予約を受けすぎて(ダブルブッキング)、
予約を取られたお客様に提供できる客室がないなんてことになったら最悪です。

この微妙なさじ加減は、経験が必要になる仕事であり、
宿泊予約業務の醍醐味でもあります。