ホテル業界就職を目指すあなたを応援します。ホテル求人情報、自己PR、志望動機の書き方など面接ノウハウもたくさん!

ホテル業界の求人就職採用【内定の法則】 > 宿泊部門(8) > ホテルオペレーター

宿泊部門(8)

ホテルオペレーター



正社員への転職サイト オススメ Best 3
01.png リクルートエージェント
(オススメ度 ★★★★★)
02.png  JAC Recruitment
(オススメ度 ★★★★)
03.png  アイデムスマートエージェント
(オススメ度 ★★★)


ホテルと初めてコンタクトを取るときの窓口になる、電話交換のオペレーター。
外部からの予約電話などはオペレーターが受けます。
外部からの電話以外にも、宿泊客の内線電話も受けます。

外部からは、
「今日、宿泊できますか?」
「宿泊料金はいくらですか?」
「宴会予約の担当者に回してください」
「ホテル内レストランのディナーは何時から?」
などの問い合わせ電話がひっきりなしにかかってくる。

外線だけでなく宿泊のお客様からも内線がかかってくる。

国際電話の申し込みやモーニングコールの依頼。
そのような様々な用件に、
臨機応変に対応して柔軟にそしてテキパキとこなしていく仕事。

特に代表電話にかかってきた電話は、
そのホテルとの最初の出会いが、オペレーターになる。

ここでどのような印象を抱かれるかは、とても重要です。
その応対、声のトーン、話し方に注意しないと、
「感じが悪い」という印象を受けられるとその時点で予約をやめる人もでてきます。

どんなときも気分良く、電話応対できる人はいないかもしれない。
プライベートで嫌なことがあったら声のトーンも落ち込むかもしれない。
しかし、それをそのままオペレーター業務に持ち込んではいけない。
常に明るく、自分の心も安定させるのが本当のプロオペレーターですね。