ホテル業界就職を目指すあなたを応援します。ホテル求人情報、自己PR、志望動機の書き方など面接ノウハウもたくさん!

ホテル業界の求人就職採用【内定の法則】 > 販促部門(4) > 企画・プランニング・マーケティング部門

販促部門(4)

企画・プランニング・マーケティング部門



正社員への転職サイト オススメ Best 3
01.png リクルートエージェント
(オススメ度 ★★★★★)
02.png  JAC Recruitment
(オススメ度 ★★★★)
03.png  アイデムスマートエージェント
(オススメ度 ★★★)


宴会・レストランイベントや宿泊プランなど商品企画と宣伝を担当する。
企画は各部門の意見をまとめ、営業戦略を推進するためのコーディネーター的な存在です。

電車の中でよく見かける
「春のブライダル・プラン」
「冬の味覚フェア」
「クリスマスディナーショー」などの広告。

こういうイベントを次々に考え出して実行するのが、
プランニングのおもな仕事。

もちろん、派手なイベントだけでなく、
宿泊プランなどのパッケージ企画を通して、
地道に個人客のニーズを掘り起こしていくといった作業も重要。

ホテル事業の収益やサービス、
ハードなどを横断的にとらえ中長期的な提案をする仕事をしている。

「今お客様はどう感じているか」を敏感に感じとろうとする力がこの部門には必要。

企画を仕掛けていくのは面白い。
とくに、集客という目立った結果の出るホテルの企画部門は、
やる気を起こさせてくれる。

一方で、そのような発想とアイデアだけでなく、チームワークも必要になる。
アイデア出しは個人的作業でも、
それを完成させるまでのプロセスは、共同作業です。

宿泊・料飲・調理・宴会部門それぞれの協力なしには、良いアイデアも実を結ばない。
そのためにはホテルのすべての業務に通じていることも必要です。

イベントの宣伝広告ひとつ作るにしても、
デザイナー、コピーライター、カメラマンといった人たちとの共同作業になる。

まとめる力、調整する力、トータルな管理能力がもとめられる。
経験を積まなければ身につかない能力ともいえるかもしれません。

そのような背景から、
第一線で活躍できるようになるにはある程度の年月を要する。
経験と時代の流れを読む力、その両方をバランスよく必要とされる仕事ですね。