ホテル業界就職を目指すあなたを応援します。ホテル求人情報、自己PR、志望動機の書き方など面接ノウハウもたくさん!

ホテル業界の求人就職採用【内定の法則】 > 基礎知識(8) > サービス料・チップ制度

基礎知識(8)

サービス料・チップ制度



正社員への転職サイト オススメ Best 3
01.png リクルートエージェント
(オススメ度 ★★★★★)
02.png  JAC Recruitment
(オススメ度 ★★★★)
03.png  アイデムスマートエージェント
(オススメ度 ★★★)


欧米にはチップ制度というものがあります。
これは、長年の習慣で、ある種の職業(レストランのウェイターなど)では固定給料部分が
低く抑えられているので、それをお客さんからのチップで補うという制度です。

日本のホテルでは基本的にチップ制度はありません。
その代わり、宿泊料金や飲食代にサービス料として価格に10%オンされます。
これが欧州でいうチップの代わりですが、
払うほうは顧客で同じでも、受取る方が違います。

サービス料は雇い主、ホテルであればホテルにお金が入る仕組みです。
ウエイターなど個人には入りません。
ただもちろんその分はホテルの収益となり、従業員の給料に反映されます。