ホテル業界就職を目指すあなたを応援します。ホテル求人情報、自己PR、志望動機の書き方など面接ノウハウもたくさん!

ホテル業界の求人就職採用【内定の法則】 > 面接対策(3) > ホテル業界と英語

面接対策(3)

ホテル業界と英語



正社員への転職サイト オススメ Best 3
01.png リクルートエージェント
(オススメ度 ★★★★★)
02.png  JAC Recruitment
(オススメ度 ★★★★)
03.png  アイデムスマートエージェント
(オススメ度 ★★★)


「ホテル業界の採用選考や働く上で、語学力はどの程度必要なの?」
これは、誰もがもつ疑問だと思います。

選考の中でどの程度まで語学力を求めるかは、ホテルによって全く違います。
外国人宿泊客の多いホテル、社内でも英語を必要とされる外資系ホテル、
これらのホテルは当然それ以外のホテルよりも求められる語学力も高くなります。

一般的なホテル業界全般で考えると、
「TOEIC何点以上」とはっきり設けているホテルもありますが、
基本的には英語を勉強していて、英検2級程度の語学力があれば
選考では、OKなところが多いです。
ホテルによっては全く選考判断にしないホテルも当然あります。

本田の個人的な考えとしては、選考における対策としてあまり
英語に神経を使いすぎるのはよくないと思います。
もちろんある程度の各ホテルごとの傾向と対策は必要です。

しかし、それにこだわるあまり、就職活動で最も大切な自己分析、
自己PRや志望動機がおろそかになってはいけませんから。

語学力というのは、働く上で必要なスキルの1つです。

それに語学力はどちらかというと、後からでも身に付けやすいスキルです。
しかし、仕事に対する粘り強さとか、笑顔のよさ、人間性は、一朝一夕には養えません。
社会人として働いてみると、これはよくわかります。
どれだけ、「○○が優れている」という人でも、それだけではだめなのです。

しかし、しかしですよ。 実際に働くとなったら、、、、
やはり英語ができないと苦しい場面は多々あります。

外資系ホテルでなくても、日本のホテルには、たくさんの外国人のお客様が泊まられます。
そんなゲストとコミュニケーションが取れない。
となれば、
サービスの質がどうのというより、仕事になりません。

やはりある程度の会話能力は必須になります。
特に、外資系ホテルの場合は上司が外国人であることも多く、
社内文書も英語が基本となります。
自分が働きやすい環境をつくるという意味でも語学力はあるに越したことはないです。

私は、英会話ができないために、旅行会社でツアーの海外添乗中に、
何度も悔しい思いをしました。今思い出しても涙がでてきそうです。。。。(笑)

しかし、これから就職活動を控えるあなたにとっては、
今から猛勉強をしたところで、
筆記試験や英会話面接までに一気に能力を高めるのは難しいでしょう。

はっきりいって、この短期間で英語の勉強をするぐらいなら、
その分、自己分析や業界研究をするほうが圧倒的にいいです。

あなたが新卒なら、まだ就職までに1年間あります。
その間にある程度まで身に付けることはできます。

ここは、就職活動対策に専念して、内定をもらってから英語を勉強しましょう。
それが、賢明で冷静な判断だと思います。

本田オススメの英語教材を3つご紹介しておきます。

1年でTOEIC 900!(オススメ度★★★★★
  
「英文法」が分かるとこんな感じになります!
↑↑教材内容をわかりやすく動画で説明しています。

スピードラーニング (オススメ度★★★★


ヒアリングマラソン(アルク教材)(オススメ度★★★★